IT業界におけるエンジニアには女性が少ないということが以前から嘆かれており、求人募集において男女の差別こそないものの男性が圧倒的に多い状況が続いている。これは出産や育児のために職場を離れなければならないという状況になった際に職場に与える影響が大きいことが原因の一つであり、技術者として代替がきかない仕事に携われないというデメリットを受けざるを得ないからである。
また、一般には職場での仕事の忙しさが目についてしまい、家事を担うことになることが多い女性にとって両立が難しいという印象が払拭できないという傾向がある。しかし、エンジニアとしての仕事は多岐にわたっていることから、業務内容を選べば女性が活躍できる分野もあるのが事実である。
データベースエンジニアとしての仕事はシステムの開発や設計からその運用、データベース自体の解析に至るまで多岐にわたっている。開発や設計においては代替が難しいものの、運用においてはそのデータベースシステムについての知識さえあれば携わることができる。
また、解析の業務では一つ一つの仕事の期間は短く、内容によっては在宅でも行えることから家事や育児をする女性にとっても働きやすい業務内容である。そういった観点からデータベースエンジニアの求人に応募してその基礎を身につけておくことは、女性が仕事を行っていく上では有利であり、エンジニアとして働きたいと考える女性にとっての有力な選択肢となっている。